個人情報保護方針
 >  TOP  > 入院のご案内 > 回復期リハビリテーション病棟
 


脳血管疾患・脊髄損傷、下肢の骨折等で急性期の医療を要する時期が終了しても、なお在宅生活の復帰のためにリハビリが必要である方に対して、入院期間を限定し、早期から寝たきり予防・日常生活能力の向上・在宅生活の復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを個人単位で医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等が共同で作成し、集中的に行うための病棟です。
他にも肺炎などの治療中の安静によって日常生活動作(ADL)が低下した方へのリハビリテーションも行っております。


また訓練室だけでなく、病棟での生活場面でもリハビリの成果を引き出すように関わっていきます。そして退院しても安心して在宅生活ができるように患者様の身体状況に合わせた住宅改修のアドバイスや相談員による各種サービスの調整も行っております。