個人情報保護方針
 >  TOP  > 入院のご案内 > 回復期リハビリテーション病棟 > リハビリ風景・施設案内
 




 

病気やケガにより様々な障害をもたれた患者さまに対して、基本動作や日常動作の回復や維持のための練習を行ないます。

 

患者さまの能力に応じて、日常生活動作の再獲得や維持を目的とした練習を行ないます。また、自助具の作成も行ないます。


 

言語障害など様々な障害をもたれた患者さまに対して、嚥下能力、コミュニケーション能力の回復向上に向けて、生活場面に即した練習を行ないます。

  患者さまの状態に応じて車いすなどの福祉用具のご提案を行います。また、患者さまに合わせた調整なども行います。




 
回復期リハビリテーション病棟は40床あり、4人部屋ですが、プライバシーが保護できるように間仕切りがあります。自立支援ベッドは患者様に合わせたいろいろな介助バーをつけることができ、在宅でも使えるベッドです。   こちらで患者様が食事やレクリエーション・談笑・TV視聴して過ごされます。
患者様、ご家族、スタッフの交流の場です。

 
自宅での入浴動作も病院での日常生活の中で行えるように援助します。   リフトを使用すれば、介護者も患者様も快適に乗り移りが出来ます。リフトの説明・使用方法などは気軽にスタッフにお尋ねください。